環境への配慮 - Environment

技術や産業の発展と同じく大切なものがある。

工業の高度化が進むにつれ、環境破壊が唱え続けられている現代。人々の暮らしが、文化が、産業化が向上する一方で、その基盤となる土壌や空気の汚染も深刻な問題となっています。しかし、そうした問題に取り組み、環境保全、事業活動を行ってきた企業も少なくありません。ものづくりにかかわる企業にとって、「クリーンで安全」はもはや当たり前のこと。これからの環境作りのために、企業は何をすべきかを考えていかなければならない時代です。私たち小川工業にとっても環境への対策は事業の一環といっても過言ではありません。10年先、50年先、100年先、に今よりもっと工業が発展しても、今と変わらない、それ以上に快適な環境を実現するために、様々な取り組みを行っています。

排水を元の状態に戻し、環境に保持。

当社では早くから環境問題に真正面から取り組み、健やかな生活を築くという、働く本来の目的を見つめてきました。社員と地域社会の人々が共に安心して働き、暮らすことのできる環境づくりを推進。工場内には「全自動排水処理装置」を導入し、有害物質を除去して水を元の状態にして排水しています。もちろんCO2など環境に影響を与える有害物をできる限り抑え、省エネルギーやリサイクルなど万全の対策を整え高次な生産活動を行うと共に、美しい環境の保持に努めています。